管理会計

会計業務から出てくる数字・係数を、経営者の意思決定および組織内部の業績測定、業績評価に役立てることを目的としている。

日常的に行う会計業務の中から「収益性を改善する」ことを目標として財務情報を分析する。そして「過去」から「現在」までの結果情報にを整理するだけではなく、「将来の」見通しを考え、中期的な計画に落とし込む作業を行う。

「財務分析」「原価計算」から「バランスト・スコアカード」
そして「経営戦略」へと進む