コンサルタントとの違いはなに?

「コンサルタントとの違いはなに?」
この疑問にお答えします。

コンサルタントとの違いをひとことで言いますと
「役割と値段」が違います。

一般的にコンサルタントの仕事は「特定のテーマ」についての「回答」の提示です。
テーマは「問題解決」の場合もありますし、「新規商品開発」の場合もあります。
即ち、特定のテーマに関する解決策の提示が大きなミッションになります。

会計事務所の「経営アドバイザリーサービス(MAS=Management Advisory Servise)」は
財務を基本として「顧問先企業の経営最適化」を行うことです。

コンサルタントは財務を読みません。
特定のテーマの解決に必要な要件のみ取り上げます。

しかし、我々の基本は会計業務にあります。
それ故、財務の視点からの経営アドバイスを実行することになるのです。
まあ、簡単に言うと「顧問先企業の財務的経営参謀」です。

コンサルタントの仕事は「問題解決」です。
我々会計士の経営アドバイザリーサービスは「経営者の戦略コーチング」です。
我々には「即時に問題を解決するスキルや経験」はありません。

我々が持っている能力は「財務分析による経営問題の特定」です。

そして、我々が探し当てた経営の問題や課題は、
「経営者(社長)」自身が解決して行かねばなりません。

我々会計事務所は、経営者(社長)の補佐として、
財務的アプローチや係数的な観点から課題を特定するのです。

次に費用の件ですが・・・

コンサルタントの契約は基本的に「スポット契約」です。
契約に定められた成果を定められた期間の中で提示することが仕事であり、
それが対価の対象です。

優秀なコンサルタントは様々な知識と経験から「解決策」を提示します。
その解決策に対する対価なので、非常に高額になります。

我々会計事務所は、社長の財務参謀です。
社長と一緒に問題を解決して行くのです。
だから・・・・、社長と一心同体

定期的な財務報告は勿論、
出ろ!と言われれば「経営会議」にも出ます。
いつでも傍にいます。

同じ目標に向かって、一緒に問題を解決します。
我々は「月額の固定費用」を頂きます。
(概ね月額10万円が標準です。
 費用のことは藤間副所長に相談下さい)

会社の成長とともに歩んで行きます。
長くお付き合いさせて頂きます。